マンホールの蓋撮影日記

全国のマンホールの蓋を撮り歩き、紹介しています。

カテゴリ: 宮城県

今回は東松島市の蓋を紹介します。
あ131・東松島市







市の花桜と市のマスコットキャラクター「イートくん」がデザインされています。JR仙石線野蒜駅前通りの歩道に有りました。



あ132・東松島市2







紫陽花とその葉を傘にしている「イートくん」がデザインされています。野蒜駅前の住宅街に有りました。



あ133・東松島市3







自衛隊のジェット機がデザインされています。「ブルーインパルス」の基地が在ります。矢本駅の傍の歩道に有りました。

続きます。

今回は大和町の蓋を紹介します。
あ107・大和町2






町章と町の花躑躅、町の木紅葉、町の観光PRキャラクター「アサヒナサブロー」がデザインされています。「ミヤコーバス吉岡営業所」の前の歩道に有りました。

続きます。

今回は女川町と七ヶ浜町の蓋を紹介します。
先ず女川町の蓋です。
あ38・女川町







町の花桜の花弁と町の木杉、町の鳥ウミネコがデザインされています。JR石巻線女川駅前に在る「イルガッピアーノ」の横の歩道に有りました。

次に七ヶ浜町の蓋です。
あ81・七ヶ浜町2








町の木黒松と太平洋がデザインされています。「七ヶ浜国際村」の建物の東側の林の中に有りました。

続きます。

今回は岩沼市と大郷町の蓋を紹介します。
先ず岩沼市の蓋です。
あ18・岩沼市2






市の花躑躅と名所の「二木の松(武隈の松)」、市のマスコットキャラクター「岩沼係長」がデザインされています。「岩沼市民体育センター」の前の歩道に有りました。

次に大郷町の蓋です。
あ34・大郷町2





町の観光PRキャラクター「常のモロ」と蛍がデザインされています。「常」は支倉常長で「モロ」は特産品のモロヘイヤのようです。川内地区は蛍の大乱舞が見られるそうです。「道の駅おおさと」の入口の前にポケふたと並べて設置して有りました。

続きます。

今回は宮城県石巻市の蓋を紹介します。
あ06・石巻市6






兎と熊がデザインされており、次の蓋との間で間違い探しをしてみて欲しいそうです。次の2枚の蓋と共に「のぞみ野中央公園」の東側の「せせらぎの小径」の脇に有りました。


あ07・石巻市7












あ08・石巻市8









太陽系の惑星とその名称がデザインされています。

続きます。

今回から New Design の蓋を紹介します。
今回は宮城県のポケふたを紹介します。
宮城県では県内の全35市町村にポケふたが設置されました。
設置場所はこちら
01・石巻市









石巻市


02・岩沼市









岩沼市


03・大河原町









大河原町


04・大崎市









大崎市


05・大郷町









大郷町


06・大衡村









大衡村


07・女川町









女川町


08・角田市









角田市


09・加美町









加美町 「やくらい薬師の湯」の玄関の右側です。


10・川崎町









川崎町


11・栗原市









栗原市


12・気仙沼市









気仙沼市


13・蔵王町









蔵王町


14・塩竃市









塩竃市


15・色麻町









色麻町


16・七ヶ宿町









七ヶ宿町


17・七ヶ浜町









七ヶ浜町


18・柴田町









柴田町


19・白石市








白石市 設置場所が「大手一ノ御門」の傍に変わっていました。



20・仙台市









仙台市


21・大和町









大和町


22・多賀城市









多賀城市


23・富谷市







富谷市 コロナ禍で「富谷宿」のオープンが延期されていましたが入らせていただきました。(「富谷宿」は5月15日にオープンしました。)

24・登米市









登米市


25・名取市









名取市


26・東松島市









東松島市


27・松島町









松島町


28・丸森町









丸森町


29・美里町








美里町 設置作業中でしたが撮らせていただきました。



30・南三陸町









南三陸町


31・村田町









村田町


32・山元町









山元町


33・利府町









利府町


34・涌谷町









涌谷町


35・亘理町









亘理町

続きます。

今回は石巻市の蓋を紹介します。
み・宮城県(石巻市5)





「せせらぎの小径」がデザインされています。「せせらぎの小径」は「新蛇田地区被災市街地復興土地区画整理事業(のぞみ野)」により新たに造成されたのぞみ野地区の憩いの場です。

続きます。

今回は山元町と利府町、亘理町の蓋を紹介します。
まず山元町の蓋です。
51・山元町







町の木黒松と白砂青松の海岸がデザインされています。

次に利府町の蓋です。

み・宮城県(利府町2)







町章と特産品の梨がデザインされています。「ミニストップ利府加瀬店」の前の路上に有りました。

続いて亘理町の蓋です。
53・亘理町








町の花山茶花がデザインされています。

宮城県の蓋の紹介は今回で終りです。次回から福島県の蓋を紹介します。
続きます。

今回は村田町と丸森町の蓋を紹介します。
まず村田町の蓋です。
み・宮城県(村田町)







町の木松がデザインされています。

次に丸森町の蓋です。
46・丸森町







町章と町の花山百合がデザインされています。阿武隈急行線丸森駅前通りの歩道に有りました。

続きます。

今回は松島町と南三陸町の蓋を紹介します。
先ず松島町の蓋です。
45・松島町







町章と景勝地松島の風景、「瑞巌寺」がデザインされています。

次に南三陸町の蓋です。

47・南三陸町・旧志津川町


旧志津川町の蓋でモアイ像と銀鮭、ホタテ、ワカメがデザインされています。モアイ像は1960年のチリ沖地震津波から30年後に復興と友好の証としてチリから贈呈されたそうです。銀鮭は志津川町が銀鮭養殖の発祥地であることからデザインされているそうです。


48・南三陸町2・旧志津川町2






旧志津川町の蓋で銀鮭がデザインされています。袖浜港に降りて行く道に有りました。


49・南三陸町・旧歌津町



旧歌津町の蓋でアンモナイトをくわえたウタツサウルスと町の花ツツジがデザインされています。ウタツサウルスは歌津町館崎の海岸の地層から発見された化石で中生代三畳紀前期に生息していた水棲爬虫類だそうです。JR気仙沼線歌津駅前に有りました。

続きます。

今回は東松島市の蓋を紹介します。
41・東松島市





旧鳴瀬町のデザインをそのまま市の蓋に採用しています。旧町のキャラクター「縄文げん」と魚、ウニ、海草がデザインされています。


42・東松島市2・旧鳴瀬町






旧鳴瀬町の蓋で町章と町の木松、町の花ハマナスがデザインされています。JR陸前小野駅前に有りました。


43・東松島市3・旧矢本町






旧矢本町の蓋で「綺麗な水によみがえる」という意味合いで4匹の蛙がデザインされています。JR矢本駅前に有りました。


44・東松島市4・旧矢本町






旧矢本町の蓋で町章と町の木松、町の花サルビアがデザインされています。

続きます。

今回は名取市の蓋を紹介します。
39・名取市







市の木黒松と波がデザインされています。次の蓋と共にJR名取駅西口に有りました。


40・名取市2








市章と市の花桃がデザインされています。


み・宮城県(名取市3)







市章と市の花桃がデザインされています。相互台1-15-1のロータリーに有りました。

続きます。

このページのトップヘ