マンホールの蓋撮影日記

全国のマンホールの蓋を撮り歩き、紹介しています。

タグ:#中能登町のマンホール

今回は石川県金沢市と中能登町の蓋を紹介します。
先ず金沢市の蓋です。
い・石川県(金沢市3)


市内金石に滞在して制作活動を行ってきた韓国出身の世界的アートユニットのムン・キョンウォン&チョン・ジュンホがデザインした蓋が設置されました。空を見上げた時に見える松の木と雪吊りの縄、彼らのメッセージ(私の未来は新しい世界を映し出す)がデザインされています。金石西3に在る「コッコレかないわ」の前の路上に有りました。

次に中能登町の蓋です。
い・石川県(中能登町)






麻織物を町に伝えた町のイベントシンボルキャラクターの「織姫」がデザインされています。「道の駅 織姫の里なかのと」に展示してありました。

続きます。

今回は中能登町の蓋を紹介します。
い・石川県(中能登町)







麻織物を町に伝えた町のイベントシンボルキャラクターの「織姫」がデザインされています。「道の駅 織姫の里なかのと」に展示してありました。

18・中能登町・旧鳥屋町





旧鳥屋町の蓋で町の花梅と町の鳥鶯がデザインされています。曲線は能登半島の形で鶯の嘴の先が町の位置のようです。町役場鳥屋庁舎の近くに有りました。



19・中能登町・旧鹿島町






旧鹿島町の蓋で町章と町の花花菖蒲がデザインされています。JR七尾線能登二宮駅の近くに有りました。



20・中能登町・旧鹿西町




旧鹿西町の蓋で町のマスコットキャラクター「おにぎりくん」と「おむすびちゃん」、能登半島と町の位置がデザインされています。「杉谷チャノバタケ遺跡」から日本最古の炭化した米のおにぎりが見つかったそうです。鹿西庁舎の近くに有りました。

続きます。

このページのトップヘ