マンホールの蓋撮影日記

全国のマンホールの蓋を撮り歩き、紹介しています。

タグ:#和泉市のマンホール

今回は大阪府和泉市と泉佐野市の蓋を紹介します。
先ず和泉市の蓋です。
お・大阪府(和泉市6)





「和泉市久保惣記念美術館」に所蔵されている重要文化財「枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず)」がデザインされています。
「枯木鳴鵙図」は宮本武蔵が描いた水墨画だそうです。美術館の入口前の歩道に有りました。

次に泉佐野市の蓋です。
お・大阪府(泉佐野市2)




市のマスコットキャラクター「一生犬鳴!イヌナキン!」の分身「ゆるナキン」と関西空港を飛び立つ飛行機、犬鳴山、犬鳴温泉、りんくうタウンの観覧車がデザインされています。南海本線泉佐野駅西口に在る「能開センター泉佐野校」の前の歩道に有りました。

続きます。

今回は和泉市の蓋を紹介します。
13・和泉市







市の花水仙がデザインされています。府中町に在る「フチュール和泉」の南側の歩道に有りました。


14・和泉市2







市内に大阪府立弥生文化博物館が在ることから銅鐸などに描かれているものがデザインされています。池上町3-6-31に有りました。


15・和泉市3







カワセミと鮎がデザインされています。「和泉府中レジデンスタワー」の北側の歩道に有りました。



16・和泉市4






「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」がデザインされています。「和泉シティプラザ」の南東角の歩道に有りました。



17・和泉市5







「考える人」がデザインされています。「業務スーパー和泉のぞみ野店」の駐車場の向い側の歩道に有りました。



お・大阪府(和泉市6)





「和泉市久保惣記念美術館」に所蔵されている重要文化財「枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず)」がデザインされています。「枯木鳴鵙図」は宮本武蔵が描いた水墨画だそうです。美術館の入口前の歩道に有りました。

続きます。

このページのトップヘ