マンホールの蓋撮影日記

全国のマンホールの蓋を撮り歩き、紹介しています。

タグ:#長島町のマンホール

今回は曽於市と長島町の蓋を紹介します。
先ず曽於市の蓋です。
41・曽於市・旧末吉町






旧末吉町の蓋で霧島連山と「大淀川」でカヌーをしている様子がデザインされています。末吉町上町4に在る「大隅タクシー末吉営業所」の前の歩道に有りました。

次に長島町の蓋です。
44・長島町







下山門野地区の蓋で町の花水仙と町の木椿がデザインされています。
下山門野2632の近くの広場の北側の細い道に有りました。

続きます。

今回は熊野市と桑名市の蓋を紹介します。
先ず熊野市の蓋です。
03・熊野市








ポケふたです。

次に桑名市の蓋です。

28・桑名市





熱田宿からの船着き場であった「七里の渡し」の風景がデザインされています。橋は現在の伊勢大橋だそうです。三岐鉄道北勢線西桑名駅のバス停の歩道に有りました。



29・桑名市2






折鶴がデザインされています。一枚の紙で何羽も繋いで折る連鶴の折り方は桑名市の無形文化財だそうです。有楽町65に有りました。




30・桑名市3







旧市章と特産品の蛤がデザインされています。市営桑名駅前駐車場入り口に有りました。



31・桑名市4・旧多度町






旧多度町の蓋で町の花アヤメと町の木梅、多度山、鶯がデザインされています。「多度大社」の前の路上に有りました。




32・桑名市5・旧長島町







旧長島町の蓋で町章と町の花カキツバタ、川と橋がデザインされています。木曽川と長良川に挟まれている町です。長島町西外面2015に有りました。

続きます。

このページのトップヘ